薄毛の原因はオオサカ堂に聞け

背景

薄毛になる原因は?
イメージ画像そもそも薄毛の原因とは何なのでしょうか?

男性ホルモン・心因性など、薄毛の原因は人によって異なります。間違った治療をしていたら意味がありません。原因を特定し治療することが、薄毛・抜け毛の改善をする近道です。

【考察その1】男性ホルモン
イメージ画像医学的根拠として男性ホルモンが関係しているといわれているのは、AGA(男性型脱毛症)によるものです。AGAの原因として、DHT(ジヒドロテストステロン)の作用が関与しています。

DHTは、5αリダクターゼという酵素により男性ホルモンのTH(テストステロン)が変換されて生成されます。このDHTは、毛髪の元となる毛母細胞の働きを低下させます。このホルモンにより薄毛となっているため、5αリダクターゼを阻害し、DHTの生成を抑制することで、AGAの進行抑制につながります。

このDHT生成を抑制する働きがある成分として、フィナステリドが有名です。フィナステリドを有効成分とした商品には、プロペシアやフィンペシアなどがあります。
【考察その2】自己免疫疾患
円形脱毛症が起きる原因として考えられているのは、自己免疫疾患、自律神経失調症、毛周期障害、内分泌異常など自己防御機構の異常が原因とされるほか、心因性のストレスも原因の一つとされています。円形脱毛症は、いわゆる10円ハゲもその脱毛の一つで、色々と原因が言われています。最近では自己免疫疾患によるものだともいわれているようで、ステロイド剤を投与して治療する場合も多いようです。
【考察その3】脂漏性皮膚炎
脂漏性皮膚炎は、軽症では乾燥肌やフケが目立つだけですが、重症になるとフケが生じるだけでなく、頭皮に皮脂が大量に分泌され、皮膚炎となり、抜け毛となってしまいます。この場合は、脂漏性皮膚炎の治療をすることが脱毛の改善へとつながります。
【考察その4】ストレス
イメージ画像ストレスなどの心因性の場合は、ストレスにより交感神経が刺激さます。それにより毛細血管は収縮し、血流が悪くなってしまいます。つまり、頭皮の毛母細胞をめぐる毛細血管も血流が悪くなるため、毛母細胞に栄養が届かず薄毛となってしまいます。

更に、ストレスにより、自律神経のバランスが崩れ、体全体に影響を与えてしまいます。そのため、カウンセリングやストレス改善をすることが優先されます。
【考察その5】不規則な生活習慣
普段の生活で頭皮の血流不足・栄養不足となることをしていませんか?髪の材料となる栄養が頭皮へ行かなければ、髪の成長を悪くして当然です。また、その栄養を運搬する血液の流れが悪ければ同様に髪に影響が生じかねません。一人暮らしで食生活が悪い場合は、サプリメントなどで栄養を補うこともできます。

また、タバコは頭皮に悪い影響を与えますし、飲酒は飲みすぎると肝臓の働きが低下し、髪に必要なタンパク質が作られなくなります。 ほかにも、パソコンやスマホの長時間の使用により、目を酷使し目の疲労により血流を悪くします。睡眠不足も同様に髪の成長に影響するため、十分な睡眠時間の確保をすることも大切ですし、適度な運動でストレスを発散し血行をよくするなど、日常的な生活改善により、健康が保たれ髪の成長にもつながります。
オオサカ堂では、栄養サプリメントからAGA治療薬まで、薄毛の原因を改善が期待できる商品が揃っています。最近抜け毛が多くなってきたなと思ったら、原因を追究して、オオサカ堂で育毛対策をしてみてはいかがでしょうか?

オオサカ堂