【育毛ケア】爆毛根

背景

爆毛根とは?
爆毛根。ド迫力のネーミング。

オオサカ堂でも大人気の育毛商品です。それはなぜでしょうか?

その理由は、育毛成分をはじめとする配合成分の豪華共演にあります。人気アーティスト同士のコラボと同じですね。育毛界の重鎮、ミノキシジルと2015年に日本でもAGA(男性型脱毛症)の効果が承認された新鋭のデュタステリドが同時配合されているんです。さらに、育毛成分ではないですが、今大注目のストレス緩和成分、オキシトシンも配合。まさに豪華共演というわけです。そして容器にも工夫がされています。つまり、豪華共演しているだけでなく、ステージにも趣向を凝らしているのです。爆毛根の容器は、小分けになっており、しかもエアレスポンプを使用しています。簡単に言うと、小分けになっているうえ、中身の液剤が空気に触れないようになっており、雑菌や酸化から成分を保護してくれるのです。つまり、アーティスト(配合成分)が力を存分に発揮できるステージを備えているというわけです。育毛界震撼の爆毛根。さあ、それでは、実際どんな働きがあるのか見てみましょう。
爆毛根を構成する成分とは?
さてさて、段落も変わったことだし、気を取り直しましょうか。オオサカ堂で大人気の育毛剤・爆毛根。豪華成分の共演というのは前の段落でお話しました。ここでそれらの成分のおさらいをしたいと思います。注目のアーティスト(配合成分)が何故注目されるのかを簡単に見ていきましょう!

◆ミノキシジル
まずはミノキシジル。育毛界を牽引してきた成分です。日本では「リアップ」という商品に配合されていることで知られています。元々は血圧降下剤として高血圧患者に処方されていましたが、服用者の毛髪が増加したのをきっかけに発毛成分として注目されるようになりました。頭皮の血行は発毛と大きな関係があるといわれているので、ミノキシジルの血管を拡張する働きが発毛を促進すると考えられています。

◆デュタステリド
次にデュタステリド。育毛界の新鋭です。2015年にAGA(男性型脱毛症)への効果が厚生省により承認されたデュタステリドは、かのフィナステリドと同様にAGAの発症要因となる「5αリダクターゼ還元酵素」を阻害し、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる脱毛男性ホルモンの生成を抑制する働きがあります。しかし、フィナステリドが2型5αリダクターゼ還元酵素のみを阻害するのに対し、デュタステリドは、2型のみでなく、1型5αリダクターゼ還元酵素も阻害する働きがある育毛成分なんです。注目されるのも納得ですね。

◆オキシトシン
そして最後はオキシトシン。育毛成分ではありませんが、最近テレビなどでも取り上げられ、様々な分野でブレークが予想されるストレス緩和成分です。「愛のホルモン」や「幸せホルモン」などの異名を持ちます。頭皮に愛と幸せをもたらす期待が持てる成分ですね。
爆毛根で育活しよう!
まさに豪華アーティストが揃ったオオサカ堂でも大人気の爆毛根。前述の通り、アーティスト達が活躍できるステージもしっかりと用意されています。そして観客であるあなたの頭皮や数々の毛根を驚かしてくれることでしょう。

しかし注意しなくてはならないのは、育毛には観客の心構えも大切だということ。つまりは、最高のアーティスト達の力を存分に発揮させるために日常の健康維持なども非常に重要であるということです。睡眠不足や不規則な生活は育毛の大敵。実際にコンサートに行っても、もし寝不足のまま偉大なパフォーマンスを見ても面白さは半減してしまうのと同じです。健康管理をしたうえで、爆毛根を使用し、効果を最大限に引き出してもらいたいと思います。

さあ、みなさん、育活がんばりましょう!

オオサカ堂