【育毛ケア】デュタボルブ

背景

オオサカ堂で「デュタボルブ」の取扱い開始
数々の育毛製品の取扱いをしているオオサカ堂で新たな育毛薬「デュタボルブ」の取扱いを始めました。デュタボルブは、デュタステリドを有効成分とするアボルブのジェネリック医薬品。日本国内で承認されているザガーロカプセル・アボルブカプセルと同一の有効成分です。

オオサカ堂が取扱いをする育毛製品もデュタステリド配合しているものが多数あります。人気の育毛剤・爆毛根ローションや5HP/7HPなどにも含有されており、ミノキシジルと同時に配合されています。

AGA(男性型脱毛症)に有効な成分であるデュタステリド、一体どのような成分なのでしょう?
デュタボルブの有効成分「デュタステリド」ってどんな成分???
育毛ケア製品で有名なオオサカ堂で新たに取扱いが始まったデュタボルブ。デュタステリドを有効成分とするアボルブのジェネリックということで注目の育毛薬です。デュタステリドの働きについて紹介いたします。

デュタステリドは、2015年にAGA(男性型脱毛症)への効果が認められた成分で、脱毛の原因に関与するジヒドロテストステロン(DHT)の発生を促す5α還元酵素の働きを阻害する効果があります。そして、デュタステリドの大きな特長は、5α還元酵素のⅠ型とⅡ型の両方の働きを阻害することです。育毛成分として有名なフィナステリドは、5α還元酵素Ⅱ型のみを抑制する成分であるため、より優位性があると考えられています。

また、デュタステリドは、血中のテストステロンを低下させないため、性機能障害の副作用が少ない薬剤であるといわれており、より安心して使用できる成分です。
デュタステリドのもう一つの働き
オオサカ堂で取扱いが開始した「デュタボルブ」。デュタボルブの有効成分であるデュタステリドには、前立腺肥大症にも効果があるんです。デュタステリドには、男性ホルモンの働きを抑えて、肥大した前立腺を小さくし、尿の排泄を促したり、頻尿、残尿感などの症状を改善したりする働きがあります。育毛への有効性と同じでジヒドロテストステロン(DHT)の発生を促す5α還元酵素の働きを阻害することで前立腺肥大症への効果も発揮されます。

ミノキシジルと同時に配合されたり、単独でも使用されたりするデュタステリド。これからもどんどん注目される成分であることは間違いありません。「デュタボルブ」であれば、ジェネリック医薬品のため、オオサカ堂でよりリーズナブルに入手できます。

オオサカ堂